昔と違う | 英語がスラスラ話せるこどもの育て方ガイド

英語がスラスラ話せるこどもの育て方ガイド

会話

昔と違う

現在、世の中で英語の必要性は高いと言われています。
昔はそれほど必要性が高くなかったものの、時代が変わり、現在では大人ではなく子供から英語を学ばせている家庭が多いです。
どうして子供の時から英語を学ばせているのか?というと、大人に比べて吸収率が高いからということもありますが、小学校で英語が必修科目になったからです。
必修科目になったのは2011年で、現在、子供が居る・もうすぐ子供が生まれるという人は、小学校では習っていません。
学校で学び始めたのは中学生で、中学・高校ともに授業内容は聞き取りと記述がほとんどでした。しかし、どれだけ多くの英単語を覚えても、読解力があったとしても流暢に話すことは出来ません。
こうした時代があったからこと、現在小学生から英語が必修科目になり、読み書きだけではなく英会話でコミュニケーションを取るといった授業が行われているのです。

小学5・6年生は、1週間に1度英語の授業が必修となっています。卒業するまでには100時間の勉強時間になります。
子供が、この間に英語が苦手…と思った場合でも、まだ取り返しは付きます。学校以外でも英語を学べる場を提供し、苦手から「好き」になるようにすればよいのです。
どのような子供でも、自分の好きなことであれば自分から進んで学ぼうとします。
勉強することが苦ではない、楽しいと思えることが出来れば、今後もどんどん力を伸ばすことは出来るでしょう。
そのためには、家族で協力をして家庭内にも自然に英語がある状態にしましょう。