日本語への影響 | 英語がスラスラ話せるこどもの育て方ガイド

英語がスラスラ話せるこどもの育て方ガイド

会話

日本語への影響

子供の時から英語を学ばせていると、英語が理解できても日本語が理解できなくなってしまうのではないか?と思う人も居るでしょう。
日本語もしっかり話せないうちに学ばせるのはいかがなものか…。確かに気持ちは分かりますが、安心してください。その点に関しては心配する必要はありません。
日本では、日常生活の中で日本語以外の言語が飛び交うことはありません。しかし、ヨーロッパでは母国語以外の言語がテレビやラジオを通して毎日飛び交っています。しかし、こうした環境の中で育った子供が母国語を話すことが出来ない…なんてことは全くありません。
毎日様々な言語を耳にしていても、子供にはしっかり母国語が身に付いているのです。

どうして、英語と日本語が混同せず学ぶことが出来るのか?というと、日本語と英語は脳の中で分けられているからです。
「言語」という括りでは同じでも、日本語を覚えるための部分と英語を覚えるための部分は違います。そのため、別々に物事を考えることが出来ます。
また、子供英会話スクールなどの環境では英語が主流となっていますが、家庭では日本語が主流の環境です。また、日本語を使用することが圧倒的に多いので、日本にいながら日本語よりも英語が得意…ということにはなりません。
小さい内から英語が身近という環境にしておくことで、将来勉強するときに苦労しません。楽しく学べるような絵本などを使って、家庭でも日頃から英語力を高めましょう。