英語がスラスラ話せるこどもの育て方ガイド

話せたら、もっと楽しくなる

いつ始めるか

子供の時から英語を習わせていると良いと聞きますが、子供といっても何歳から習わせればよいのでしょうか?ベストなタイミングを知って、英語力が身に付く子供に育てましょう。

Read More

昔と違う

昔というのは、英語はあまり必要とされていませんでした。しかし、現在では子供でも英語が必要とされている時代なのです。必要性を知って、今からでも英語を学ばせましょう。

Read More

世界の公用語

英語というのは、世界で最も多く話されている言語です。
世界191カ国ありますが、その中で英語が第一言語となっている国は12カ国で34,000人存在します。また、公用語としている国は50カ国あり、6億人も存在すると言われています。
こうした結果からも分かるように、英語は世界の中心になっている言語であることが分かります。
日本では学生時代に英語を学ぶこととなっています。
しかし、どうでしょう?学校以外で積極的に学んでいない人は社会に出るとほとんどの英語を忘れてしまっていることでしょう。また、学校で学ぶ英語では十分な英語力が身に付いているとはいえません。
ただ、社会にでると英語が必要であることがひしひしと身にしみて分かることでしょう。
そうすると「子供の時にもっと勉強しておけばよかった…」と思います。
自分と同じ思いをさせないために、現在は子供から英語を学ばせる親が増えています。

英語の必要性を知っている大人は、子供の頃から英語を学ばせようとします。
自分に英語力がなくても子供だけは…ということで、英会話スクールなどに通わせます。全国にはたくさんのスクールがありますので、その中から自由にスクールを選ぶことが出来ます。
ただ、スクールによっても色々なタイプがありますし、子供との相性もありますので、英語力を伸ばせるところを見つけるようにしましょう。
英語を学ぶのは子供ですが、学ばせる場所を選ぶのは親の役割です。
子供のことを考えて、慎重にスクールを選ぶようにしましょう。

オススメリンク

  • 株式会社さんぽう

    簡単に手続きして人間環境大学のパンフレットを請求することができちゃいます。気になる人はここを参考にしてみよう。
  • RISE

    子供の頃から英語の基礎を学ばせておくためにもインターナショナルスクールに我が子を通わせてあげませんか?詳細はサイトへどうぞ。

将来

子供の将来というのは、親が一番心配しています。お金を稼ぐことが出来る、仕事の選択肢が広い、やりがいを感じるという仕事に就いてもらいたいものです。子供の可能性を広げるのは、そう「英語」なのです。

Read More

日本語への影響

子供の頃から英語を学ばせていると日本語が上手に離せなくなるのではないか?日常生活に何らかの影響が出てしまうのではないか?と思ってしまいますよね。ここで、日本語への影響について紹介します。

Read More

選び方

子供に英語を教えているスクールというのは全国各地に多数存在しています。スクールによって学習方針が違いますし、楽しんで学べる環境も違います。このページでは失敗しないスクール選びについて紹介します。

Read More